きみどりみどり

君鳥のハンドメイド初心者奮闘記

新しい織り機が欲しいけど

まだ手織りは始めたばかりなのですが、そろそろ多ソウコウが欲しくなってきました。

でも織り機って種類いっぱいあるし、値段は高いし悩みます。

とりあえず現状を整理しながら、どれを購入すればいいのか・・・。

もし詳しい方居ましたら、教えてください!

 

今、手元にある織り機

今、家にあるのは2種類。

ハナマカのオリヴィエ・アルテア(織り幅40cm)

折りたためるリジット機で、真ん中の1枚がソウコウと筬の両方を兼ねています。

裏が整経台になりますが、ペグを使えばもっと簡単に経糸が張れる優れもの。

 

ユザワヤオリジナルマンセルスイング(織り幅40cm)

f:id:ybyb_okn:20161222142457p:plain

折りたためないですが、しっかりしていて力がかかってもそんなにずれません。

こちらはソウコウと筬がそれぞれ必要ですが、その分、打ち込みが出来ます。

裏が整経台になります。ペグはついていません。

 

どちらも2枚ソウコウ。なので、複雑な模様織りは(気合いで糸を拾ったりしない限り)できません

それでも、もじりやノッティング、引き返し織りもできるし、

平織りならこれらのほうが気軽にできそうと思って買いました。

 

でもやっぱり、綾織りや模様織りがしたい・・・。

 今、家族やお世話になった方々にマフラーを織ろうと思って準備してるんですけど、

どうやら、冬は綾織りのものがよいらしいんです。

(横糸の密度が平織りより高いから、とのこと)

そうなると、綾織りもできるような織り機が1台欲しいなと思い始めました。

でも、多ソウコウになると、グッと種類が増えるんですよね。

綾織りが出来るだけなら、4枚ソウコウでいいんですけど、今回みたいに増やしたくなる可能性が大なので、頑張って8枚ソウコウ買うか。幅はどの程度を求めるのか。

色々悩みながら、とりあえず候補を絞ってみました。 

 

1.アシュフォードのケイティ・ルーム(30cm)

 8枚ソウコウの卓上織り機。上のレバーの上げ下げで模様を織ります。

実は1度使わせていただく機会があったんですが、レバーが軽い

それに折りたためて、持ち運びが簡単なので使いたいときだけ出すが可能。

ただ、幅が30cmと狭いのが難点。

 

2.アシュフォードのテーブルルーム(80cm)

8枚ソウコウの卓上織り機。こちらもレバーの上げ下げが基本。

足踏みキットをつけると、足でも操作できます。

ただ4枚しかないので、足だけで複雑な模様は織れないみたいです。

これは幅80cmもあってなかなか良さげなのですが、折りたためないので結構邪魔になるよと言われて悩み中。

 

3.シャクトスピンドル社のマイティウルフ(92cm)

マイティウルフ / ておりやオンラインショップ 手織り機・手編み糸・毛糸の専門通販サイト

8枚ソウコウのジャッキ式織り機

ついに卓上から本格派・・・。でも折りたためる優れもの。

部屋が狭いので、あんまり大きいと困るけど、これなら置けそうで気になっています。

ただ、値段は可愛くない

 

という具合で、上記3つで悩んでおります。

 

もう少し様子見

本当に欲しいのは、最後に挙げたマイティウルフなんですけど、

いかんせん値段が高いので、貯金しつつ、今の織り機で織りまくって

本当に必要かどうか、考えたいと思います。

 

とはいえ、織り機の探し方がいまいちわからなくて、

ほかにどんな織り機があるか、さっぱりわかっていないので

上記以外でおすすめのものがあったら、ぜひ教えてください。

もしくは、上記の織り機を持っていたり、使用したことがある方がいましたら、使用感を教えていただけると、とっても嬉しいです。

 

*****

 

とりあえず、家族に織るマフラーは、箕輪先生の書、「手織り大全」に載っているクローズドリードで綾織りする方法を参考に織ることにします。

うまくいくか、ドキドキですが、がんばります!

 

ではでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

広告を非表示にする